実物の約1/4サイズ コウノトリのモビールを作りました。(2013年8月13日)

図1(胴体)4mm厚のシナベニヤに型紙を貼り、輪郭を糸のこで切り抜きます。
胴体の寸法:約29センチ、画像をクリックすると拡大します。


図2(翼と尾羽)3mm厚のシナベニヤに型紙を貼り、輪郭を糸のこで切り抜きます。
尚、材料はシナベニヤに限らず、段ボール紙でも同じように出来ます。
翼を広げた翼長:約52センチ、画像をクリックすると拡大します。


切り抜いたシナベニヤに鉛筆で下書きをし、翼や脚と目を彩色します。
動画でご覧頂いたように翼と胴体の結合は直径6ミリのネオジウム磁石を胴体に埋め込み
翼に3ミリの鍋頭鉄ネジをはめ込み、胴体の磁石に吸い付かせています。
尚、直径6ミリのネオジウム磁石は100均のダイソーで8個入りを購入しました。
私は糸のこではなくCNCフライス盤で切り抜きました。画像をクリックすると拡大します。


完成したコウノトリのモビール
下の画像のように天井などから吊るしますがバランスの調整が必要です。


シナベニヤの表面は白いので胴体や翼の白い部分は彩色せずに木肌のままです。
今回はコウノトリですが、他の野鳥も同じように作れます。


動画をご覧ください。実際の動きが見れます。


こちらは、2008年にプラスチック・段ボールで作った実物大のウミネコです。


木製のモビールはネット通販で販売されてますがとても高価です。自分で作られる方の参考になれば幸いです。
by Paradise


コウノトリ2羽、クロツラヘラサギ2羽、ナベヅル1羽を追加しました。(2013年8月23日)
今回のモビールの特徴は、胴体に少し厚みがあるヒノキの板を使いボディーのふくらみを出しました。

今までの作品をカーポートのゲートに吊るしてみました。(以下の画像はクリックで拡大します)


新たに作ったコウノトリ

クロツラヘラサギ

ナベヅル

動画もご覧下さい。

元のページに戻る

inserted by FC2 system