作品8:皇帝ペンギン

今回は「世界でもっとも過酷な子育てをする鳥」皇帝ペンギンを作りました。
皇帝ペンギンは、雌が卵を産むと雄に抱卵を託します。雄は、卵が孵化するまでの
約2ヶ月間、極寒の過酷な環境の中で絶食状態に置かれます。
大きさ:高さ15センチ、製作時間:約40時間

2015年6月製作

親子の微笑ましい姿を再現出来ればと思い、カツラ材を削って作りました。
完全に彩色すると木の温かみが無くなるので部分彩色をしてます。

彩色:黒い部分がバーニングペンで濃淡を付け、オレンジ色と雛はアクリル絵の具を使用。
雛を彩色するか迷いましたが、強調するために木目が残る程度に淡く彩色しました。

仕上げには、何時ものように亜麻仁油を使いました。カツラは木目が綺麗ですが、
色が濃いので皇帝ペンギンの白さが出せませんでした。
今度作る時は、白い木肌のシナ材を使う予定です。 下は、彩色前の状態です。

元のページに戻る

inserted by FC2 system