作品7:おにくま(2011年5月製作)

彫刻:幅30センチ、高さ14センチ、厚さ6センチの楠一枚板から彫り出しました。

「おにくま(獅子噛)」です。
生まれ育った泉大津市の濱八町では、獅子噛のことを「おにくまと」呼びます。
おにくまは上だんじり(地車)の大屋根と小屋根の唐破風に合計三個付いています。

モデルは泉大津濱八町元町のおにくまで、お世話になった方へのプレゼント用です。
一番難しかったのは目玉の彩色で何度もやり直してやっと光が出ました。



元のページに戻る

inserted by FC2 system